インフォメーション

緊急事態宣言を受けて今後の営業について
2020.04.15  11:18

緊急事態宣言を受けて今後の営業について

4月15日現在

(国や都の要請が変わり次第変更の可能性あります)

理髪店の営業は「社会生活を維持するうえで必要な施設」されています

これには条件があり「適切な感染防止対策の協力の要請」があります。

非常に悩みましたが、

お客様の「身嗜みを整えたい」というお気持ち

髪が伸びるのは生理現象でもありますので、

現状では条件に沿って営業を継続していきたいと思います。

以下実施している事でございます。

【適切な感染防止対策の協力の要請(主なもの)】

◎従業員の検温・体調確認を行い、37.5度以上や体調不良の従業員の出勤を停止

→《一日三回従業員の検温を致します。》

◎来訪者の検温・体調確認を行い、37.5度以上や体調不良の来訪者の入場を制限

→《お手数ですがご協力お願い致します。》

◎店舗利用者の入場制限、行列を作らないための工夫や列間隔の確保 (約2m間隔の確保)

→《他のお客様と重ならないようにご予約制とさせていただきます》

◎換気を行う(可能であれば2つの方向の窓を同時に開ける)

→《まめに換気させていただきます》

◎来訪者の入店時等における手指の消毒、咳エチケット、手洗いの励行

→《ご希望の方はお申し付けください》

◎店舗・事務所内の定期的な消毒

→《エタノール消毒、次亜塩素酸ナトリウム液消毒を併用しています》

◎従業員数の出勤数の制限(テレワーク等による在宅勤務の実施等)

→《店主のみで営業いたします》

◎従業員のマスク着用、手指の消毒、咳エチケット、手洗いの励行

→《マスクはもちろん、手作りのフェイスガードを使わさせていただきます》

 

何より優先されるのは、お客様、従業員、ご家族の

「健康、安全」

であると考えます。

感染予防策を行っておりますが、

相手はまだまだ「未知のウイルス」でございます

基本的には

「STAY AT HOME」

で宜しくお願い致します。